スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤坂御用地へ突入!

まいど!
瑠璃川です!
タクシーの運ちゃんやっとります!
運ちゃん言うても、あの汚いうんちゃんのこととちゃいまっせ!
運転手のことでんがな。
横文字でドライバーとも言いますわ。
英語やったかいなぁ。
+-の工事に使うドライバーともちゃいまっせ!

いやぁ、今回の乗務は、私、瑠璃川天音にとって生まれて初めての体験をさせていただきました。
多分、もう一生こんな経験は無いと思いますよ。
タイトルにも書きましたが、あの東宮御所や秋篠宮邸などがあります、赤坂御用地にお客さんをお送りしました。
もう、チョー緊張ですよ。
日本の夏ですよ。
金鳥の夏ですよ。
御用地内で事故でも起こせば、それこそ新聞沙汰です。
世間の、いや世界中の、大注目ですわ。
いや、その方が、世界で一等、ハイパーでエキセントリックでアメージングなタクシードライバーに、なれたんでないかい?
別の意味で。
いやいや、冗談はこれくらいにしておかないと、怖い人が来そうです。

最初お客さまから「御用地お願いします」って言われて、「???ごようち???な、何?」って感じでしたもの。
そら、分かりません。
四谷から豊川稲荷へ向かう坂を上がって、赤坂御用地の東側の門に到着。
最初、まさか、この中には入らないだろう…と思ったんですが、「入ってください」と。
「多分装甲車でも破られないであろう鋼鉄製の門」の前に車を向けると、いらっしゃいました皇宮警察の皆様。
「皇宮警察」ですよ「皇宮警察」。
毎日、警備お疲れ様です。

お客さまの一人が警察官に行き先を説明して、しっかり車のナンバーと会社名を控えられます。
私、瑠璃川は皇宮警察の方から、3桁の番号の入ったプラスチック製のプレートをフロントガラス部分に掲示してくれと渡されます。
手続きが終わると、さてついに、「多分装甲車でも破られないであろう鋼鉄製の門」が開かれ、御用地内に突入です。
制限速度はなぜか25キロです。
交通標識がちゃんと立ってます。
静寂に包まれています。(当たり前です)
都内じゃないようです。(当たり前です)
木が生い茂っています。(当たり前です)
地図に無い道をゆっくりと進みます。(当たり前です)
だって、ここは皇族の皆さんが生活されている場所の敷地内ですもの。
秋篠宮邸を過ぎ、何本目かの小道を曲がり、少し広い場所に出ますと、そこには小じんまりとした白亜の宮殿のような建物が。
お客さま「裏口から入らないといけないんですよ…」と。
小じんまりとした白亜の宮殿のような建物はある皇族の方のお住まいの裏口でありました。
そこで私はお役御免。
もうちょっといたかったんだけど、スイッチターンして(皇族のお住まいの裏口の前でスイッチターンですよ!バックする時静寂の中を「ピーッピーッピーッ」って警報音が鳴り響くわけですよ!別に悪いことしてるわけじゃないのに焦りますよ!)、元来た道を戻ります。
門では何ごともなかったようにプレートを返却して、再び「多分装甲車でも破られないであろう鋼鉄製の門」が開かれ任務終了。
いやいや、貴重な体験をさせていただきました。

そんなわけで、赤坂御用地の話題で今回のブログは終了ですが、実は地味に売り上げも新記録を更新しておりました。
お陰様でございます。
でも、感触的に「まだまだ出来る」って感じが残ったので、もうチョイ工夫が必要ですね。

2010.5.28の記録 31回 64,060円(税込み) 292km 19:00 安全評価:56D
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

瑠璃川天音

Author:瑠璃川天音
小市民です。
あまり無理をしないようにします。

なお、当ブログに書かれていることは、相当に演出が入っています。
ですので、あまりマジで全てを鵜呑みにしないようお願いします。

※瑠璃川天音へのご意見・ご要望、叱責罵倒誹謗中傷罵詈雑言は
↓↓↓
★こちら★までメッセージをどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。