スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修センター再び

瑠璃川天音です。
こにゃにゃちは。
今日、研修センターに行ってきたんですが、そこで同時期入社の方で、このブログを熱心に読んでおられる方がいて「どうして瑠璃川天音なんですか?」て尋ねられたんですよ。
で、読んでいる方にとっては「どっちゃでもいいこと」なんですが、いい機会なんで「なぜ瑠璃川天音なのか」を説明したいと思います。

いや実は、元々過去に表現に携わる仕事をしておりまして、それなりに野心なんぞもあったのではございますが、ま、刻々と歳月が経つにつれていろんな現実に気が付かされることが多くなってきたワケでして、そろそろいい大人だしあんまり子供染みたこともできないよなぁ…なんてイッチョマエに思ったこともございまして、でもそう簡単に「あらわす」ことに対する諦めも付かない部分もありましたから、いろいろと考えたところ、初期投資などのお金も掛からず個人で完結できるような戯事は存在しないもんか?と思い至りまして、で、周りに直木賞候補になった知人や、小説が韓国で映画化されたりした縁者や、大手出版社の新人賞をとって作家デビューした友人などが何人かいたもんでしたから、そんなのに刺激を受けまして「じゃぁワシもちょっくらやってみたろうやないかい!」みたいな身の程知らずの大それた感情を抱いてしまったところで、「よし!では形から入ろう!」と何のビジョンも計算もなく、何故だか「作家にはペンネームが必要だ!」という考えに行き着き、言葉の意味や響きやら、姓名画数判断やら、ネット検索やら、インパクトやらで、「完璧だ!」と導き出された答えが「瑠璃川天音(るりかわあまね)」だったというわけで現在に至っております。

先程も申しましたが、今日は乗務は無くて、研修生修了式ということで、うちの会社の研修センターに行ってまいりました。
修了式と言っても、会社のいろんな仕組みのことや、当社の十八番・交通事故防止についてのお話を聞きに行くという類のもので、式と言うほど大そうなものではないのですが、でもまぁ最近ご無沙汰だった同期入社のメンバーやお世話になった教官にも会えて、それなりに意味がある集いだったのだろうと解釈いたしました。
そんなわけで、明日は通常業務で朝が早いのでこのへんで。
本日もお読みいただきありがとうございました。
お相手は世界で一番ハイパーなタクシードライバーを目指すと豪語している小市民・瑠璃川天音でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

瑠璃川天音

Author:瑠璃川天音
小市民です。
あまり無理をしないようにします。

なお、当ブログに書かれていることは、相当に演出が入っています。
ですので、あまりマジで全てを鵜呑みにしないようお願いします。

※瑠璃川天音へのご意見・ご要望、叱責罵倒誹謗中傷罵詈雑言は
↓↓↓
★こちら★までメッセージをどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。